一般的な粗大ごみ処分や申込手順

入学卒業・就職転勤・冠婚葬祭、お引っ越しや生活環境の変化、お引っ越しや模様替え時には大量のごみが出てくるものです。日常のゴミ出しでは廃棄しきれないものは粗大ごみ申込み処分・リサイクルショップ売却・片付け業者等に依頼する事になります。

 

<粗大ごみ申込みの手順とは>

自治体によって定義は違いますが、一般ご家庭から出る家具・家庭用品で一辺が30~40cm等以上の物がよく粗大ごみ扱いとなります。一般的には現在お住いの自治体に粗大ごみ収集の依頼する事になります。現在ではインターネット普及しているため自治体名検索すれば、粗大ごみ申込み手順が掲載されています。また広報等に記載されているので確認してみましょう。

 

<料金費用の確認>

自治体粗大ごみ窓口に電話・またインターネットから申し込みできます。ごみのサイズ、重量、材質、数量を伝えると、日程が決定・処分費用を教えてもらえるので、コンビニやご近所販売店で、ごみ処理券を購入しましょう。

 

<ゴミ処理券貼り付け・出し方>

一般的な区内・市内では、粗大ごみ別にごみ処理券シールを貼りつけて、回収日の朝8~9時頃までに指定箇所に出しておく。戸建て一軒家の方は入口近辺が指定場所になる事が多いようです。気を付けるのはシールに必要事項をしっかり記入する。大型家具等な自分で分解解体、搬出しておく。

 

<自分で粗大ごみを搬入・持込処分>

自治体によって持ち込みを受け入れています。大きなゴミ処理施設を保有している自治体、車通勤するエリアなんかはよく持ち込み受入しています。体力に自信ある、自分でゴミ運搬搬入が安くすむので是非ご利用してみましょう。

  

<粗大ごみでは出せないもの>

リサイクル家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)、パソコン、事業ごみ、耐久金庫、土砂、引火物、工業用品、危険物、タイヤ、ピアノ、リチウムポリマーバッテリー、注射針、自動車オートバイなど。自治体によって微妙に違うので確認してみましょう。 

以上、不用品すぐっど掲載の粗大ごみ申込み・出し方方法情報でした。自分に合った粗大ごみ処分方法・日程に余裕を持って、お引っ越し、ゴミ出ししましょう。

 

<不用品回収すぐっどには何を依頼できる?!>

日時指定不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷片付け、オフィス移転退去、現状回復サポート!分解解体、搬出撤去、お客様は指示するだけの簡単迅速解決致します。荷物が多くてもok、どれだけ汚れていてもok、緊急お急ぎも迅速対応。ごみ処分、引っ越し荷物運搬、クリーニング業者で東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県全域対応。御見積・御相談無料、お気軽にお問合せください。